時間のない大人でも、気軽に・簡単に歌が上手くなる方法

基礎練習&喉のケア!これさえできれば歌は上手くなる!

プロジェクトの終了後や忘年会など、その二次会はやっぱりカラオケ! 大人になってからカラオケに行くシーンが増えるかと思います。 「歌唱力に自信がない。」 「歌うのは好きだけど練習する時間がない!」 歌唱力向上のためには何をすれば良いのかを説明します。

まずは基礎練習

歌が上手くなるためには基礎練習が重要になります。 中学校・高校などの音楽の時間に行った発声練習を思い出していただければ良いかと思われます。 実はとても理に適った方法で、基礎中の基礎であるため、カラオケに応用することも簡単です。 どのように応用するかを解説していきます。

歌うときの喉のケア

歌を上達させるには、健康な喉が必要です。 喉で歌うのではなく腹で歌う、というのは基礎中の基礎ですが、発声器官としての喉ですから、歌うことは喉に多少なりとも負担を掛けてしまいます。 一般的な喉のケア、避けた方が良い飲み物等、逆に積極的に摂取するべきものなどについて紹介します。

大人でも歌が上手くなりたい!歌唱力上達方法

二次会の定番・カラオケ。
大人になってからカラオケに行く機会が増えた方もいらっしゃるかと思います。

学生時代には娯楽だったカラオケも、会社の人達と行くとなれば、上司のウケを狙ったり女性陣の評判を気にしたりするシチュエーションが増え、自身の歌唱力について気になる機会があると思います。
大きな違いは対外的なシチュエーションであるということ。
自分の歌いたい曲が、自分の歌を聴く人たちを盛り上げるとは限らないため、場の空気を読んだ選曲も重要です。

また、カラオケの一曲はせいぜい3-5分程度。
歌が上手い人にとっては、そんな短い時間でも輝ける絶好のチャンスです。
この記事を読まれる方は、少なからず自身の歌唱力を向上させたいと思っているかと思われますので、一曲で場の空気を変える、とはいかないまでも、周りを盛り上げることも意識されているかと思われます。

しかし、日々の仕事に忙殺されて、休日はゆっくり休みたい。
歌を練習する気持ちがあっても時間を気にしてしまう。
時間管理がシビアな大人にとっては、練習するのも億劫になってしまうこともあるかと思われます。
中には歌うことが好きで、カラオケに行くことが趣味のような人たちもいらっしゃるかと思われますが、二次会ぐらいでしか行く機会がない人たちにとっては、なるべく時間やお金を掛けずに歌が上手くなる方法を模索したいものです。

このサイトでは、そんな時間のない大人でも、カラオケ店以外でも練習をする方法や、歌う際の喉のケアの方法、聞き手に上手いと思わせる歌唱法など様々な視点から歌が上達する方法を解説します。