時間のない大人でも、気軽に・簡単に歌が上手くなる方法

基礎練習&喉のケア!これさえできれば歌は上手くなる!

基礎練習どうやるの?(1)腹式呼吸

歌うときに、喉に負担が掛かっている感じはありませんか?
それは、胸式呼吸による歌唱法を行っているからです。
胸式呼吸は、歌の息継ぎの際に首や肩などの筋肉を使うため、力が掛かってしまい、結果喉を絞って歌うようになってしまいます。
このような歌唱法は、音域を狭めるだけでなく、声帯に負荷を掛けてしまうため、次に説明する腹式呼吸による歌唱法を実践するべきです。

腹式呼吸では、胸式呼吸のように首や肩に負担をかけないため、リラックスした歌唱ができます。また、声の元である空気を横隔膜を使って調節でき、また横隔膜が肺の下に位置していることから、呼吸のベースがどっしりと下にあるような感覚になります。

その練習法は、仰向けに寝そべり、息を吐き切る→大きく吸う→息を吐き切る→と繰り返すだけです。時間がなくても、ふと横になったときに練習することができますね。

腹式呼吸をマスターしたら(2)発声練習

腹式呼吸による歌唱をマスターした上で、発声練習を行いましょう。
中学校などの音楽の時間にやっていた発声練習を思い浮かべてください。

最初は「ンー」とハミングしてください。
声が鼻の中で振動している感覚があると思います。
響いている場所は鼻腔といい、その感覚を鼻腔共鳴といいます。
その「ンー」を、最初はドレミの音階のソ・ラ・ソ・ラ・ソと音を取ってみてください。
その音階を上げたり下げたりすることで、自身の音域を知ることができ、また鼻腔共鳴を覚えることができます。
ただし、これでは鼻腔共鳴しているだけなので、更に「ンー」を眉間や頭頂部から放出するイメージを持って発声すると良い練習になります。

また、今度は口を開け「マー」と歌ってみましょう。
同様に、音階に従って音を取ると、鼻腔共鳴をしながら歌うことができていると思います。
しかし、練習しないと案外簡単に忘れてしまいますので、発声練習を怠らないようにしましょう。